お酒や骨董品の買取〜トクトク処分の秘訣情報〜

グラスに入ったお酒

趣味の人必見

案内

事前査定とはどのように行なうべきか

骨董品の収集は「趣味」の世界です。趣味の世界にありがちな事と言えば「飽き」ですが、コレクションしていた骨董品に飽きてしまった場合は、即座に買い取りサービスを利用して現金に換えるようにしましょう。新しい種類の骨董品を集める上でも有力な軍資金になります。買取サービスに中古品を持って行った場合、一般的には購入価格の5割から8割の価格で買い取ってもらう事ができます。一方名のある芸術家によって作られた骨董品は購入額を遥かに上回る額で買取して頂く事もできますので、こうした金額は「最低額」と捉えておきましょう。正確な買い取り相場が知りたい場合、複数の買取専門店に事前査定を依頼するのが最も近道です。事前査定額が最も高かったお店に商品を売却するようにしましょう。

骨董品の定義とは何か

骨董品とはいわゆる古美術の事です。現代よりも歴史古い時代に作られた品物を指して、骨董品と呼びます。もちろん、古ければ良いと言うわけではなく、コレクターやマーケットが形成されるほど質のあるものを骨董品として取り扱っています。こうした点を考えると分かるように、骨董品は古代の昔から存在していました。古代には様々な土器が存在していた事で知られていますが、こうした商品も骨董品として莫大な価値を持っているのです。骨董品を買取に出す場合、高価買取が見込める商品の制作年代と言うものもありますので、覚えておきましょう。例えば特定の陶磁器などは、ある年代にしか生まれていないものが存在していますので、そうした希少価値のある品物は高価買取してもらえます。